大規模修繕コンサルティングなら名古屋マンション管理サポート

マンションンの大規模修繕工事を進めるには大別すると二つの方法があります。

設計監理方式

  設計事務所等コンサルタントを選び、そのコンサルタントに調査、診断から施工会社選定、施工、完了検査までの、設計施工監理といった専門的業務を設計事務所等に委託する方式。設計監理と現場施工とが分離しているので、監理者による工事に対する厳正なチェックが期待できます。

 この場合重要なことは、施工会社選定の段階で設計事務所にお任せすることなく管理組合(修繕委員会等)か主体的に関わり選考審査することです。

 勿論、コンサルタント選定や施工会社選定の際は数社による見積比較など競争原理を導入します。

責任施工方式  

  施工業者一社に設計、施工を一体的に発注する方式。その場合、最初から一社に決めて進めるのではなく、信頼できると思われる数社を選び、見積比較など調査を経たうえで選定することが大事です。一般的には第三者の専門家によるチェックが無いので、この方式を採用するのは相当な信頼関係に基づく場合に限られると考えます。                                                                      

 

居住者の中にゼネコン出身者や建築士などの有資格者がいて適切なアドバイスが受けられれば良いですが、ほとんどの管組合では期待しにくいことと思われます。受託先の管理会社に大規模修繕の専門部署があり指導・助言を受けられる場合もありますが、工事見積りは管理会社経由となることが多く、その費用が適正かどうか、判断が難しいと思われます。

管理会社経由以外として、外部のコンサルタント(専門家)を利用して工事を進める方法があります。修繕計画支援から施工業者の選定や監督、工事工程のチェック、完成後の点検などすべての段階において第三者による検査がなされることで一定の施工品質が期待できるようになります。特に工事費用については『適正価格』が見えにくいだけに、単純に業者からの見積りを比較するだけではなく、監理会社(コンサルタント)を活用をすることで最終的には、コンサルタント費をかけても、工事品質の向上やコストダウンを図ることが可能になります。

 

当NPOの建築士はマンション管理士でもありますので、工事のみの監理ではなく、管理組合のご要望に沿ったソフト面を含めたコンサルタントを実施しております。

                                          

建設会社の見積りを審査いたします。

管理会社から数社の建設会社の見積りが提案されましたが、この価格が適正化どうか、どのような内容のものか分からない、教えて欲しい』

当会の建築士が、大規模修繕工事の『見積りの内容を審査・分析・アドバイス』をいたします。工事コンサルタントとは別に見積り等の審査だけでもお受けすることも可能ですので、まずは一度ご連絡ください。

(審査には、建築設計竣工図面などの資料が必要です)

 

 

設計事務所、施工業者の選定を支援します。

『設計監理方式が良い、施工業者は公募して競争入札したほうがコストが下がる、と聞いているが、管理組合はそれをどこに頼んでよいか分からない』 設計監理方式では、まず設計事務所の選定から始めることになります。その後、設計事務所主体で施工業者の公募の順になります。

設計事務所も、新築に強い、修繕工事の経験が豊富、意匠が得意、構造が強いなど様々な設計事務所があります。TVの劇的ビフォアー・アフターはデザイン料は別で、いきなり匠の設計士が現れますが、いざ管理組合で大規模修繕工事の設計事務所を探すとなると、実は大変なことです。

当NPOでは、会員の建築士がコンサルタント業務として、貴管理組合の大規模修繕工事に適した設計事務所や施工業者の公募及び選定を支援いたします。

 

  

工事計画から工事竣工後のアフターまでフォローいたします

当NOPではマンション管理士の団体ですので、設計事務所様とは違い工事監理業務のみのコンサルタントではではありません。管理組合が大規模修繕工事を実施するには、理事会や修繕委員会の方など実に多くの方に大変なご負担がかかります。当会でお受けする大規模修繕コンサルタント業務は、理事会や修繕委員会での協議や、住民説明会、その後の臨時総会開催など種々の段階の支援が可能です。

また、工事開始に当たっては計画段階から、工事準備、契約等に係る臨時総会、工事開始、工事現場検査立会い、竣工時の完了検査立会い、工事保証関係の確認、その後のアフターフォローなど、管理組合の立場で長期間のフォローを実施しております。

 

小規模マンションなど『ポイントコンサルタント』のおすすめ!

 

設計監理方式をとりたいが、マンションが小規模で予算が少なく、今後の修繕を考えるとコンサルタント料を多く出すことができない。ただ、施工会社任せでは不安です、少ない予算で現場管理はできますか?』

基本はできれば、設計監理と現場管理は分離発注し第三者の目で監理することが望ましいですが、小規模マンションではスケールメリットがありませんのでどうしても1戸当りの費用が割高になります。

NPOが提案する『ポイントコンサルタント』は、施工業者の責任施工方式に設計監理様式の要素を取り入れ、専門家(建築士等)による適切なアドバイスを比較的廉価で受けることが出来す。

簡易劣化診断、施工会社の見積りの内容チェック、工事進行に合わせた工事現場の立会い、完了検査の立会いなど、管理組合の立場で現場を管理いたします。この方式は第三者が専門家の目で現場を見ますので、より確実に施工品質の向上ができます。また費用も設計監理方式に比べて安価にできますので、小規模マンションや、管理会社の提案で施工する建設業者等に工事を依頼したが施工品質が心配な管理組合の場合にも、適したコンサルタント方式です。

 

『NPO法人マンションサポートあいち』は信頼できるコンサルタンとです。

コンサルタント料金のご案内はこちら

 

   

 

▲このページのトップに戻る