マンション生活の三大トラブル

マンション生活は界壁で隔てられた共同生活が基本です。それゆえ、共同生活特有の苦情も多く発生します。
国土交通省のマンション総合調査によりますと、三大トラブルの第一が駐車問題、次いで生活騒音問題、ペットの苦情が続いています。これらの問題を長引かせると訴訟に持ち込まれることもあり、近隣関係がおかしくなります。そうなる前に早めの解決が必要です。

  


「駐車場」「駐輪場」の事でお困りではありませんか?   

 

  駐車場等の使用に関する規約や細則はありますか?        

  使用者の入れ替えは公平に(順番制、抽選)行われていますか?   

 マンションの売買契約書にはどのように記載されていますか?

  緊急車両通行の妨げになる、迷惑駐車にはどのように対処されていま

   すか?       

また貸し禁止、賃料の未払い、車庫証明の発行等もあり、駐車場や駐輪場に関しては様々な問題が起こりえます。
駐車場、駐輪場の問題で、規約条文や細則の定め方でお困りの方はお気軽に相談してください。

 

「生活騒音」に関してお困りではありませんか?

 

 生活騒音としては(階上からの騒音、隣からの話し声、ペットの鳴き声等)
  構造上の騒音(排水管を流れる水の音、振動)等々・・  
 生活騒音に関する規約、細則はありますか?
「受忍限度を超える騒音」とは何かについてご存知ですか?

 
マンションの騒音問題はデリケートで、主観的な要素が強いので、一度トラブルになると訴訟に持ち込まれることが多く解決を難しくします。
そうなる前の解決には、常日頃の近隣とのコミニケーションが有効です。

  
生活騒音に関して、騒音を規制する規約や細則の定め方でお困りの方などはお気軽に相談してください。

 

 

「ペット」に関してのことでお困りではありませんか?

 


 ペットに関する、規約、細則はありますか?          

「迷惑、危害をおよぼす恐れのある動植物」は飼育を禁止しましょう。
他の住人から「迷惑である」との申し出があり、その迷惑の程度が通常では容認しがたいものであると考えられるような動植物は飼育を禁止させましよう。

規約や細則でより具体的に、何が迷惑か、どの動直物が危害を及ぼす恐れがあるのか、明確にルールを定めておきます。
 紛争を防ぐには一律に禁止するのではなく、飼育する場合には管理組合の許可を要するなどの手続き規定や飼育のルールを設けましょう。

  

ペットの規約条文や細則の定め方でお困りの方はお気軽にご相談してください。

  

生活トラブルは、居住者間の感情的な問題も多く、問題がこじれると解決するのが難しくなります。

トラブルを事前に防ぐには、日常の近隣とのコミュニュケーションを高めて、規約や細則等で明確なルールを定めておくことが大切です。 

規約や細則などの見直しは、『NPO法人マンションサポートあいち』へお気軽にご相談ください。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る